ゲストアカウントの閲覧可能範囲

1. 「ゲストの参加しているグループ」に投稿されたトピック

公開で投稿されたトピックであっても、「ゲストが参加しているグループ」をフォロワーに含んでいない場合は共有されません。

 2. 「ゲストが参加しているグループ」のメンバー

ゲストアカウントでは、そのゲストが参加しているグループのメンバーを確認することができます。ゲストが参加していないグループに関しては、グループ名やメンバーを知ることはできません。(未参加のグループは表示されません)

ただし、上記のようにトピックのフォロワーに「ゲストが参加しているグループ」と別のグループやフォロワーを個別で追加した場合は、ゲストアカウントにも追加したグループやフォロワーの情報が共有されます。(この場合はトピックのフォロワー情報のみで、他グループの詳細を知ることはできません
「ゲストが参加しているグループ」に含まれていないメンバーからコメントやリアクションがあった際も、共用されます。

ゲストアカウントの機能一覧表

◯=利用できる
△=一部利用できる
✕=利用できない

※上記機能はゲストが参加しているグループという前提で記載


ゲストアカウントのOneteam画面は下記のとおりです。

ゲストアカウントが利用できる機能

1.  トピック作成
ただし、ゲストが参加しているグループへの投稿に限られます。
また、トピックをコピーして新規トピックを作成することも可能ですが、もともと含まれていたフォロワーはリセットされた状態で作成することとなります。

2. トピックの編集
フォロワー(閲覧可能範囲)を変更することはできません

3. テンプレート機能
テンプレートを作成、編集することができません。
またテンプレートを活用してトピックを作成することは可能ですが、ゲストが参加しているグループが含まれているテンプレートのみ活用することができます。また、その際はもともと含まれていたフォロワーがリセットされた状態で作成することとなります。「ゲストの参加しているグループ」が含まれないテンプレートは、ゲストに共有されません。

4.トピックへのコメント、リアクション、タスク機能、メンション、メンションリスト、保存機能
通常のメンバーの方と変わりなくご利用いただけます。


ゲストアカウントが利用できない機能(2018年11月時点)

フォロ一、チャット、グループ作成、メンバーの招待

回答が見つかりましたか?