How can we help?

Oneteam と他ツールとの違いを教えてください。

様々なコミュニケーションツールと、Oneteamの違いをご紹介します。

メールとの違い
メールは現在でもビジネスコミュニケーションの大半を占めていますが、リアルタイム性のなさ、やり取りの履歴が追いづらさなど、最適なコミュニケーションツールとは言えなくなりました。

メールの場合 Oneteamの場合
リアルタイムで返信がこないので議論がなかなか進まない

トピックごとのチャットでリアルタイムに返信が来るので、議論が進みます。

都度ToやCCにメールアドレスの入力が必要。宛先漏れが発生する

@(アットマーク)+名前で検索し、ワンクリックで宛先を簡単に選択できます。関係者のグループを作れば、グループ宛に送付できるので、宛先漏れはありません。

挨拶・署名・引用文が多く、過去の履歴が確認しずらい

挨拶や署名のいらないメッセージでのやり取りで、トピックの中でどのようなやり取りがされているのか、履歴を簡単に確認することができます。
メーリングリストの更新が煩雑 ワンクリックでグループにメンバーの追加・削除ができるので、IT部門に依頼してメーリングリストを更新する必要はありません。
誤送信したメールの削除・編集ができない 送信したトピック・メッセージの編集・削除ができるので、誤送信の心配がありません。また、トピック・メッセージの削除は、投稿した本人だけができるので、他人に情報が削除されることはありません。

 

ビジネスチャットツールとの違い
ビジネスチャットツールは、エンジニアのような常時席に座って作業をする職種には適していますが、席を外すことの多いビジネス職種には、最適なビジネスコミュニケーションではありません。

ビジネスチャットツールの場合 Oneteamの場合
グループの中で様々な内容の会話が入り乱れる

Topicごとに会話が進むため、議論の主題が乱れずに積み上げることができます。

しばらく会話を見ていないと、グループの中で複数の内容が混ざっているため、履歴の確認がしずらい Topicごとに会話が整理されているので、履歴を簡単に確認することができます。
既読機能がないため、相手が読んでいるかわからなく不安になる Topicごとに既読機能がついているため、誰が読んでいるかわかります。
同じような内容のグループが作成され、グループの数が膨大になる グループ内でTopicごとに内容を整理できるため、最低限のグループ数で運用が可能です。
議事録やプロジェクト管理は、別掲示板ツールで管理し、複数のツールを併用する必要がある。 Topicで議事録やプロジェクト管理ができるので、一つのツールに集約でき、管理工数・コストを削減できます。

 

社内SNSとの違い
社内SNSはウォールに投稿し、関係者への情報共有やコミュニケーション活性のためのツールなので、情報が流れてしまい、ビジネスシーンでの利用には不十分です。

社内SNSの場合 Oneteamの場合

ウォールで情報が流れてしまい、自分にとって大事な情報がわからない

メールのように更新順で表示されるため、タイムリーに更新内容を確認できます。またフォロー機能により、自分にとって大事な情報をマーキングできます。

コメント単位でポストされるので、案件としての進捗がわかりづらい

トピック情報に案件情報を記載し、更新できるので、常に最新の進捗がわかります。

 

Skypeとの違い
Skypeは個人向けのソフトであり、相手がオフラインだとメッセージが送れない、複数のパソコンで使うとメッセージがバラバラになるなど、ビジネスシーンでの利用には不十分です。 

Skypeの場合 Oneteamの場合

相手がオフラインの時に送れない

クラウド型のツールのため相手がオフラインでも送受信が可能です。

チャットのやり取りで依頼したタスクが流れてしまう

Topicごとに進捗を確認・議論できるためタスクが流れません。

チャットログの横断検索ができない

横断での検索が可能です。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント