How can we help?

PR記事の校正

PR業務を担当していたり、何らかのメディアに関わっている場合には、ライターが記事を書き、校正されてからリリースされると思います。

この流れもOneteamを使用することで、メールを何度もやり取りすることなく校正を完了することができます。

 

記事を作成し、校正する

記事を書く

  • トピックを作成し、トピック内で記事を書くか、他で書いた記事を貼り付け投稿します。
  • 記事だけでなく、リリースまでのタスクやスケジュールもトピック内に書くことができます。
  • もし、記事に挿入する写真があれば、それも同じトピックにアップロードできます。
  • 記事がウェブサイトに格納される場合はマークダウン形式で書くことができ、効率的に書くことができます。
  • 校閲担当者や記事の関係者をフォロワーとして選び、追加します。

記事の校正を行う

  • 複数の校正担当者がいる場合は、彼らからトピックとして投稿した原稿にメッセージを送ってもらい変更点を伝えてもらうことができます。
  • あるいはトピック自体を直接編集してもらうか、校正後の記事をメッセージとして送ってもらうことで効率良くやり取りを行うことができます。
  • スケジュールも記入した場合は[OPEN/未着手], [WIP/着手中], [DONE/完了]と状況を追加することで進捗状況を共有することができます。
  • マークダウン形式を使ってトピックを作成した場合は、入稿作業が楽になります。

 

Oneteamを使うことで、2つのツールを使って記事を書き、共有する手間を省くことができます。
記事はすぐにシェアされ、校正され、完成することが可能です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント