How can we help?

Backlog からの通知を Oneteam に連携する

 
簡単な事例として、Backlogでタスクが追加されたことをOneteamに通知する、
ということをやってみたいと思います。
以下のものが必要になります。
 
  • Backlogのプロジェクト
  • Zapierのアカウント
  • Oneteamのチーム(管理者権限)

 

1. Zapier で Backlog 用の Webhook URLを発行する

backlog1.png
Backlog からのデータを受け取るために、「Catch Hook」で URL を発行します。
 
 

2. Backlog で Webhook の設定を行う

先ほど発行した URL を Backlog の Webhook 設定画面に追加しましょう。 
詳しい作り方はBacklogのヘルプをご確認ください。 
http://www.backlog.jp/help/adminsguide/webhook-setting/userguide2493.html
課題を追加すると Zapier に向けて投稿するように設定します。
 
 

3. Oneteam で Webhook の設定を行う

Oneteamで新しい Webhook の設定を行います。 
すでに説明した「設定方法」を参考に設定してください。 
Webhook URL の発行を確認しましょう。
 
 

4. Zapier で投稿データの変換を行う

Oneteam に投稿するにはデータの構造を 変える必要があります。
Zapier 上の設定で整えましょう。
 
  • title: トピックのタイトルになります
  • body: トピックの本文になります
  • type: 3の設定でトピック作成を選択していた場合は topic になります
 
 

5. 新しいタスクを追加する!

Backlogで追加します。すると・・・
 
 
Oneteamにもトピックが追加されました! 
簡単ですね。
このように Zapier などを活用すれば、様々なサービスと連携することができます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント